CASE 相談事例

相談事例:コロナ禍の状況で住宅ローンの支払いが厳しく売却を考えています

コロナ禍の状況で住宅ローンの支払いが厳しく売却を考えています

5年前に新築戸建て住宅を購入しましたが、新型コロナウィルスの蔓延で収入も減り、住宅ローンの支払いが厳しくなり、売却を検討しています。
しかし、住宅ローンを組んで間もないため、売却してもローンを払いきることもできず、また、勤務先がテレワーク推奨で今より狭いところへの引っ越しは考えられません。
もちろん、自己破産などは考えておりません。
なにか良い解決方法はありませんでしょうか?

見解とアドバイス

今回の新型コロナウィルスの流行については多くの人が想定外の状況に直面していると思います。
当初の返済プランを拝見させていただいても、よほどのことがない限り返済に無理を生じるような内容ではなく、むしろプラン自体は堅実な内容のようです。
そのうえで、想定を上回る収入の減少があったように推察されます。
この場合の対処方法としては、支払いができるような対処、支払いをしなくてよくなるような対処の二通りの方法があります。
支払いができるようになる対処方法としては、転職や奥様がパートをされて収入を増やす方法、家計を節約する方法などがあります。
また、支払いをしなくて済む方法としては、自己資金でのローン圧縮、売却、自己破産などになるかと思います。
他にも、最近ではリースバックという方法もあり、自宅を売却しても家賃を払うことにより、現在のところに住み続けられる方法もあります。

アドバイス実行プラン

今回のご相談において重要なポイントは、
〇お勤め先の業績悪化は一時的なものであること
〇まとまった自己資金はすぐ準備できないこと
〇奥様はすでにパートにでていらっしゃって、そちらも新型コロナウィルス流行の影響があること
〇ご自宅の環境がお仕事を続けるうえでも必要であること
などを踏まえ、ご自宅を弊社で買い取り、家賃をお支払いいただくリースバックをお勧めいたしました。
立退きや解体を伴わない分、決済もスムーズで、住宅ローンの延滞もなく、またなによりも、これまでと変わらない生活を送れるということで、近隣に知られることもありませんでした。
今回は、ご相談者もまだお若く、将来的には買戻しの可能性も十分にありますので、家賃などから換算した想定額も提示させていただきましたので、お仕事に対するモティベーションも上がられたようです。

今回のご相談のまとめ

最近では、コロナ禍の影響で不本意ながらご自宅の売却をお考えになる方も多くなっておりますが、やはりせっかく建てたご自宅を手放すのはかなりのストレスになります。
今回のご相談者はまだお若く、買戻しの方向性もご提案いたしましたが、なかにはご高齢でご自宅はありながらも生活の資金不足という方もいらっしゃいます。
そのような場合でも、リースバックをご検討いただくことで、お引越しをせずにある程度の資金を確保することができます。
これまでは住宅ローンが払えなければ、売却か、それができなければ自己破産ということも多くありましたが、弊社ではなるべくお客様のご要望にお応えしたいという観点から、リースバック事業も展開しております。